ちょうど、同じような温度の冷たい雨でした

運動会は、少しで終わり、また、その残りを、2日後に披露することになりました。そこは晴れて、じっくりと見ることができたのですが、一目見たいということですね。人目さえ見たら自己満足なのでしょうね。それ以来、運動会は、あの土砂降りのような日には、開催されないようになりました。当たり前っですよね。小さいお子さんはお風邪もひくことでしょう。そのくらい、昭和ではないのに、昭和でした。雨が冷たいので、ちょうどこのくらいの温度だったような気がして、あの時のことを思い出してしまったのです。
これもまた、人生というか、どこを見てやるものなのかというところですよね。外でやるスポーツも、土砂降りの中、づ活動自体はあるだろうし、試合も、雨でも行われたりするのです。そうやって、子供は成長していくのでしょうか。たくましくなっていくのでしょうね。そうは思っても、あの土砂降りでの開催は驚いたのです。断続的な冷たい雨でしたから。

かのまりの愛称で親しまれた花乃まりあさん

女優の花乃まりあさん。元宝塚歌劇団花組のトップ娘役でした。2011年に入団し、月組『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台を踏みました。
宙組に配属になり、7年目までの若手が演じる新人公演の初ヒロインは2012年『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』でした。その後2013年『モンテ・クリスト伯』、同年『風と共に去りぬ』、2014年『エリザベート』でも新人公演でヒロインを演じています。
2014年に花組に組替えになりました。組替え後の初公演は『ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−』でした。
2014年、トップ娘役に就任し宝塚大劇場お披露目公演は『カリスタの海に抱かれて』でした。2015年台湾公演にも参加し、マリー・アントワネット役を演じました。
2016年『ME AND MY GIRL』では、サリー・スミス役を溌剌と演じました。同年『仮面のロマネスク』では妖艶な大人の女性・メルトゥイユ公爵夫人に挑戦しました。
2017年『金色の砂漠』を最後に宝塚歌劇団を退団しました。

口内炎がなかなか治らずに苦戦しています。

陣痛が来る前から、大きな口内炎ができていたのですが、産後もずっと口内炎が治らずに苦戦しています。
薬を塗っているのですが、やっぱり栄養不足なのでしょうかね。
入院中は完璧に考えられた栄養のある食事をとっていたはずなのに、口内炎が治らなかったので、やっぱり疲れもあるのかなと思います。
陣痛が来た日から、連続して7時間以上眠ることがなくなったので、疲れを取ることができていないのは確かだなと思います。
しかし、次に7時間くらい連続して眠れるようになるのはいつになることやら。
私は完全母乳で育てているので、今の所ミルクを使っていなくて、母乳をやるには旦那に任せるわけにもいかないですし、仕方ないですよね。
とりあえずあと1ヶ月は頑張ろうという気持ちを持って、毎日過ごしていこうと思います。
もちろん無理だと思ったらミルクへの切り替えなども考えなければいけませんが。
母乳を飲んでもらわないと、逆に私が乳腺炎になりかねないので。