孫娘のピアノ教室の発表会へ夫と行きました

今日は前々から連絡が来ていた孫娘のピアノの発表会の日です。町のピアノ教室で毎年開催している発表会で通う生徒の目標になっていると思います。開演時間少し前に町の文化会館へ行くと これから演奏するのかピンクや水色のドレスを着た2〜3歳の女の子が数人いてその母親や父親など関係者と写真撮影をあちこちでしていました。髪の毛も結い上げてリボンを飾っている子もいて大切な一日のため、ドレスアップした我が子の記念撮影です。 親子で連弾するのか、白いセーターに赤いスカート、クリスマスの時期らしく髪にはおそろいのポインセチア風のシュシュを飾った母子や、お父さんと娘の組み合わせもいて演奏が楽しみになりました。 会場は私たちのように演奏する孫や子供の関係者が殆どですが、緞帳が上がり、始まりの挨拶をする子供が登場してきましたが、舞台の上での演奏となると緊張感があるようで、笑顔で挨拶は難しい様でした。 子供らしいぎこちなさが可愛らしく感じられました。