かのまりの愛称で親しまれた花乃まりあさん

女優の花乃まりあさん。元宝塚歌劇団花組のトップ娘役でした。2011年に入団し、月組『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台を踏みました。
宙組に配属になり、7年目までの若手が演じる新人公演の初ヒロインは2012年『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』でした。その後2013年『モンテ・クリスト伯』、同年『風と共に去りぬ』、2014年『エリザベート』でも新人公演でヒロインを演じています。
2014年に花組に組替えになりました。組替え後の初公演は『ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−』でした。
2014年、トップ娘役に就任し宝塚大劇場お披露目公演は『カリスタの海に抱かれて』でした。2015年台湾公演にも参加し、マリー・アントワネット役を演じました。
2016年『ME AND MY GIRL』では、サリー・スミス役を溌剌と演じました。同年『仮面のロマネスク』では妖艶な大人の女性・メルトゥイユ公爵夫人に挑戦しました。
2017年『金色の砂漠』を最後に宝塚歌劇団を退団しました。